Home / Archive for category "うつ病の予防法が知りたい"

うつ病原因のなかでも繊細なのは、子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療


うつ病原因のなかでも繊細なのは、子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療です。

精神症状の中でも、驚き、怒り、不安、悲しみのプログラムの順番で回復していく、というのが実感です。

いずれにしても、機能ごとにギャップがあるのがこの時期なのです。本人にとってこのことは、「回復していると思ったのに、まだダメだ」と自信を失わせる原因の一つになります。

しかし、もっと大きいのは、この特徴が周囲の人々に与える影響なのです。周囲の人々は、うつ病患者が自殺するのではないかと心配する日々が続いていて、少し疲れてもいるでしょう。これも、うつ病原因の中に入ります。

うつ病患者の家族が気をつけることや注意点について考察してみましょう。


うつ病の症状を見極める考え方


うつ病の症状を見極める考え方です。

神様は次のような非常事態プログラムを準備しました。それは、「悲しみ・怒り・不安・驚き・興奮・焦り」のプログラムを同時に発動させるというものです。

人が悲しいことに遭遇した場合、たとえば愛する人を失ったとき、失恋したとき、大きな怪我などにより自分の体力・能力が奪われてしまったとき、命の限界を感じたときなどに発動する、うつ病の症状です。

原始人が家族でウサギを追っているとき狂暴な狼の群れと出会い、妻と弟を失い、自らもある程度のけがを負ったとしましょう。命からがら逃げ帰ってきたその原始人が生きのびるためには、どのような感情・思考のモードになればいいのでしょうか。


躁うつ病の双極性障害とは


うつ病の双極性障害になりやすい人の性格は、かなりはっきりしています。

専門的には「萄環気質」と呼ばれていますが、発想が豊かでユニークなアイデアを思いつき、リーダーとなって人を引っ張っていくタイプです。

ジョークを連発したりして明るく、会社や学校での対人関係も良好です。この人がいるとにぎやかになる、といわれているような人気者が多いのです。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】解説ホームページ

双極性障害では、気分が落ち込むうつ状態と、高揚する躁状態があらわれます。躁状態の程度によって、症状の重いI型と、軽症のH型に分類されます。

平均発症年齢は20歳代と、比較的若い人に多く見られます。うつから始まる場合と、躁から始まる場合があります。躁から始まる場合は、過労や睡眠不足、出産、人の死など、たいてい何かきっかけがあるといわれています。