Home / 2011 / 5月

株取引での価格優先の原則とは


株取引での価格優先の原則とは、指値注文(値段を指定する注文)より成行注文(値段を指定しないで、いくらでもよいから買うまたは売るという注文)が優先します。

指値注文の場合は、高い値段の買い注文と安い値段の売り注文が優先して処理されます。

例えば、100円、101円、102円、103円の売注文があった場合には、100円の売注文が優先し、同様の買注文があった場合には、103円の買注文が優先します。

時間優先の原則とは、同じ値段の注文については、注文が行われた時間の早いほうが優先するという原則です。

例えば、100円の買注文に、投資家Aは10万株、投資家Bは1万株があって、投資家Aの注文が先に出されたとすると、投資家Aの注文10万株が全部執行された後に、投資家Bの注文が執行されることになります。

株取引の方法を解説しているサイト


不動産投資での表面利回りの計算式


不動産投資での表面利回りの計算式は、一般とは少し違う使い方もします。

物件価格というのは決まったものではありません。広告に載っている価格は売主の希望額であり、実際には値引きが可能なことも多いからです。

さらに家賃も、現時点で20万円だとしても、引き続きその家賃が入ってくるとは限りません。

1年でCF1000万円を可能にする【不動産投資ロケット戦略】

そこで家賃や利回りを自分なりに想定し、そこから逆算して購入価格を求めていく作業が必要になります。その際に表面利回りの計算式を応用します。


妊娠と遺伝子の組み合わせ


一個の精子と一個の卵子が合体して子どもになるのだから、一組の夫婦から生まれる子どもの知能遺伝子の組み合わせは840万×840万、すなわち70兆通りです。

実際には、70兆の数十倍ということになります。かりにIQの高い男女が結婚して、この両親が生産する70兆通りの受精卵の中でIQの高い組み合わせの子どもが生まれる確率はどのくらいあるでしょうか。

宝くじの当選率などの比ではないです。

不妊症から立ち直る妊娠法【子宝の知恵しあわせ妊娠マニュアル】

このように見てくると、地球上には、必ず頭のよい子どもを産む妊娠と保証された人間も、必ず悪い子が生まれると恪印を押された人間もいないのです。

優良遺伝子を伝えるという点では私たちの間に優劣はないです。