Home / 2012 / 2月

二重まぶた 作り方「眼精疲労」をラテン語で「アステノティー」


二重まぶた 作り方「眼精疲労」をラテン語で「アステノティー」といいます。「矯正」は「プラス」。そこで治療法を「アステノプラスティーク」と呼んでいます。

特徴は、眼精疲労を「視覚」のカテゴリーだけで捉えるのではなく、「聴覚」「臭覚」「触覚」まで含め総合的に治療する点にあります。

具体的には、ベッドにはドイツの優れたハーラーシステムを使い、壁は眼にやさしいグレーにしました。またベッドとベッドの間には小仕切りを置いて独立空間とし、小仕切りの上には観葉植物のポトスを並べるようにしました。いわゆるグリーンセラピーです。

二重まぶた 作り方もぜひ学んでください。

二重まぶたを自分で簡単に安く作る方法はちゃんとあります。
古田直美の彩式二重まぶたにする方法の結果や評判が良いようです。


うつ病原因のなかでも繊細なのは、子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療


うつ病原因のなかでも繊細なのは、子供のうつ病の傾向・症状・原因・治療です。

精神症状の中でも、驚き、怒り、不安、悲しみのプログラムの順番で回復していく、というのが実感です。

いずれにしても、機能ごとにギャップがあるのがこの時期なのです。本人にとってこのことは、「回復していると思ったのに、まだダメだ」と自信を失わせる原因の一つになります。

しかし、もっと大きいのは、この特徴が周囲の人々に与える影響なのです。周囲の人々は、うつ病患者が自殺するのではないかと心配する日々が続いていて、少し疲れてもいるでしょう。これも、うつ病原因の中に入ります。

うつ病患者の家族が気をつけることや注意点について考察してみましょう。