formats

糖尿病を治す食事が最も大事ですが、藤城博さんの高血圧治療法が評判が良いようです。

特定の病気にかかりやすいかどうかを疾患感受性といいますが、多くの病気の疾患感受性は、遺伝(両親から受け継いだ体質)に左右されますが、環境(食生活や運動量、仕事内容など)も病気の成立ちに大きく影響しており、糖尿病も例外ではありません。

糖尿病 藤城博さんの解説のように、1型糖尿病は免疫異常または原因不明のメカニズムでインスリンが分泌されなくなることで生じます。免疫異常がおこるしくみの一部に遺伝が関与していることがわかっています。

糖尿病 食事で治していきましょう。

高血圧食事の要領は知っておかないといけないのです。

腎症前期と呼ばれる第1期は、高血糖期間も短く、たんぱく尿も出ず、ろ過の効率もほとんど問題のない時期です。

自覚症状はありません。

第2期になると、尿検査で微量のたんぱく(アルブミン)が検出されるようになります。腎機能はまだ正常です。自覚症状もありません。

この時期に食事療法、運動療法、血圧対策などで血糖コントロールがよくなるとアルブミン尿も消え、腎症の心配もなくなります(可逆期)。

第3期は顕性腎症と呼ばれる時期で、前期と後期に分かれます。不可逆期とも呼ばれ、回復がむずかしくなります。