formats

◆FXのマメ知識

投資家に提供されているFX会社の独自のチャート機能を詳細に比較検討することで、あなたのスタイルにピッタリのFX会社を選択することができるはずです。近頃ではFX会社のオリジナルの取引ツールの開発や充実、提供というのは普通に見かけるようになっているわけです。

すでに我が国でも、バイナリーオプションを扱うFX業者がすごい勢いで数を増やしているので、バイナリーオプションにチャレンジする際に、さまざまな業者が行うサービスなどの中身の特色、や売買条件を徹底的に比較することが不可欠です。

FXの勝負に勝利するために大切なのは、その瞬間の市場の流れを誤らずにつかむことがどうしても不可欠です。トレンドの把握のための有効な道具として、一般的に広く使われている分析手法としては、チャート分析があげられるのです。

裁量取引によって全く投資が上手くいかないという悩みのある多くの投資家が、トレーダー自身の直感とか過去の経験だけを根拠に、勝負にずっと勝利することの難しさで裁量の取引の無理を感じて、明確なルールのシステムトレードによるトレードにチェンジしているのです。

日本中のトレーダーの期待のもと、平成21年に待ちに待った取引がスタートされて以降現在まで、簡単で初心者にも理解しやすい内容のトレードのシステムと初心者にもできるリスク管理などがトレーダーの大変な人気を集めることになり、今ではバイナリーオプションの取り扱いをスタートした金融業者についても急増中です。

多くの人におすすめしているのはやはり、リアルタイムで気になるチャートを確認することが確実にできるものです。一口にFXのチャートと言っても、いくらでもあるので、それらのチャートの中からあなた自身が参考にできると思うチャートとはどのようなものか見つけ出してください。サラリーマンFX解説ホームページが役に立ちます。

経験の少ない投資の初心者がFXに挑戦したいのなら、まずはどういったリスクに注意して、そしていかに相場を解析すれば大きく儲けることが可能なのか。うまく稼ぐためには為替相場の動きをどんな方法で把握すれば成功するのかを分かるように頑張ってください。

◆国際金融マフィアたち

ジョージソロスの弟子だったフラガは、ブラジル中央銀行総裁に就任しています。

1989年秋、IMFがブラジル危機に際し支援を決定した直後でした。ヘッジファンドというと、すべて悪玉、まるでハゲタカのような非常に悪いイメージを待ちがちですが、金融市場を熟知しているプロという高い評価があるからこそ、フラガがブラジル中央銀行総裁に招聘されたのです。

実際にフラガは、金融危機のブラジルをよくマネージして立ち直らせることに成功しています。フラガはソロスの下で為替取引を手がけていましたから、裏も表もよくわかっている。

いまでは、並みいる歴代の中央銀行総裁の中でもっとも有能な総裁という声も上がっているくらいです。

ところが、アルゼンチン危機の余波で2002年の夏、ふたたびブラジルが金融不安に陥りました。ブラジルの債務総額はGDPの60%近くにも達し、そのうちの35%が2002年内に償還期限を迎えるという状況にいたったのです。

その緊急対応策としてIMFは300億ドルの追加支援をまとめましたが、例によって融資条件として金利水準を下げないこと、すなわち金融引き締めの継続を要請しています。これではブラジルの景気は高金利によってますます悪化し、債務の対GDP比はさらに悪化する可能性すらあります。

こうしたIMFのやり方には私も疑問を待っています。新たなブラジル危機を座視できなかったのか、ジョージ・ソロスは日本の朝日新聞8月27日付「私の視点」欄に投稿し、先進国の中央銀行がブラジルの債務軽減のために協力すべきだと訴えていました。

中央銀行総裁もヘッジファンドも、実は、国際金融という一つの世界のプロフェッショナルであるという意味では仲間うち、あるいは国際金融マフィアたちなのだということを理解すること、とくに市場において単純な善悪の判断が成立しないということを知るべきでしょう。