Home / Archive for category "犬のしつけを学びたい"

犬 吠える しつけをこなすことはチワワ 飼い方での命題


犬 吠える しつけをこなすことは、チワワ 飼い方での命題と言えるかもしれません。

犬が、飼い主の外出時や帰宅のたびにうるさく吠えないようにします。そのためには、まず、飼い主が犬を興奮させないように接することです。

チワワ 飼い方では、飼い主は出かける時、ふだんと違う調子で犬に話しかけたりしないようにします。飼い主の調子がいつもと違うと、犬は神経を高ぶらせます。

それで興奮し、キャンキャン吠え続けるのです。犬 吠える しつけで出かける時は、犬が騒いでもかまわずに、さっさと出かけてしまいます。


トイプードルの飼い方で最も注意したいのは薬物中毒


トイプードルの飼い方で最も注意したいのは薬物中毒です。

また、食べ物もチョコレートやネギ類に注意です。犬の飼い方で注意したいのは、人間の食べ物を犬に与えないことも重要です。

小さじ1、2杯の吐根か、過酸化水素水(水と1:1の割合で薄める)を口から飲ませれば嘔吐させる事ができ、害にはなりません。

トイプードル犬の体内に薬物が残っていない事をチェックし、副作用がない事を確かめる為に即座に、獣医師に診せるべきです。

トイプードル犬が腐食性ではない薬剤やドラッグを飲んでしまった事がわかったら、飼い主は即座に犬に嘔吐させて、薬物を体外に出させます。

人間が使用する薬の大半が犬にとっては有害です。マリファナやハシシ、幻覚剤等も当然有害です。

トイプードルの病気や健康管理


犬のしつけで吠える場合の対処法


犬のしつけで吠える場合の対処法です。

「吠えてはダメ」等と声をかける事は、かえって犬をけしかけてしまう結論になりかねません。

ケンカをしかけるようなしぐさが見えたなら、リードの先端で尻を叩いてもかまいませんので(大型犬)厳しく対処している事です。その際「ダメ!」と語気を強めにし、犬をにらみつける事も忘れないようにしましょう。

犬の嗅覚は考えもつかないほどの能力があり、聴覚も優れていますので、飼い主が気付く前に相手が来た事を察知してしまいます。

相性が悪い犬が散歩をしていて近づいてきたからといって、道を変えるような事はせず、リードを短めにしっかりと持ち、知らん顔をします。

相性の悪い相手(犬)の姿がまだみえないうちから「ウーッ」と唸り声をたてたり、グイグイ引っ張り出したりしている事があります。

犬のしつけ無駄吠え


犬は本能的に自分の寝床では糞尿の排泄をしない


飼い主がまず最初に知っておかなければならないのは、犬は本能的に自分の寝床では糞尿の排泄をしないということです。

排便や排尿は、食事、飲水、運動、および興奮によって刺激されます。

若い子犬は頻繁に排泄する必要があります。最初のうちは、尿は3、4時間ごとに、糞は食後15分くらい経ってから、適切な場所につれていって排泄させてやらねばなりません。

子犬を長時間、かごや檻に閉じ込めてはいけません。そうすると子犬はやむをえず、寝床を汚してしまうからです。

犬のしつけトイレ


犬のしつけでオモチャについて


犬を他の動物と同居させるときはもちろん、その他の場合でも、犬が好奇心と野性の本能に駆られて、好ましくないものを口に入れることがないように、保護者であり、リーダーである人間が必ず管理し、犬のしつけをしなくてはなりません。

幼い頃からしつければ、ロに入れていいもの、悪いものをコントロールすることも可能です。

そのためには、かじってもいいオモチャを一つ、いつも与えておいて、他はしつけの場面によって使い分けることです。そして、そのおもちゃ類は必ずあなたや家族が管理してしまっておくのが、大切なポイントなのです。

また、ありがちなことですが、家族のにおいのついた衣服や靴下などを、かじってもいいオモチャに選ばないでください。同じにおいのする、かじってはいけないものまでオモチャにしてしまう危険性があります。