Home / Archive for category "病気の解決法を学びたい"

肩こり 薬を使っても肩こりも首がつる 原因も治りません


肩こり 薬を使っても、肩こりも首がつる 原因も治りません。

まくまで薬は鎮痛であって、肩がこる原因を解決していないからです。

もちろん、これだけではありません。肩こり 薬の解剖学的な構造の勉強と聞いただけで息が詰まるような気がするのは、首や肩のしくみが生きていく上でいかに大事か、実感させてくれているのです。

首がつる 原因が治らないと、イライラしたり気分がすぐれないということはありませんか。喉仏のすぐ下にある、甲状腺が働きすぎているのかもしれません。

ふらつきやめまいを感じる、それどころか立っていられないというようなことも起こります。その原因はストレートネックなのです。整体やストレッチで治さないといけません。


糖尿病 食事が最も大事ですが藤城博さんの高血圧治療法が評判が良いよう


糖尿病を治す食事が最も大事ですが、藤城博さんの高血圧治療法が評判が良いようです。

特定の病気にかかりやすいかどうかを疾患感受性といいますが、多くの病気の疾患感受性は、遺伝(両親から受け継いだ体質)に左右されますが、環境(食生活や運動量、仕事内容など)も病気の成立ちに大きく影響しており、糖尿病も例外ではありません。

糖尿病 藤城博さんの解説のように、1型糖尿病は免疫異常または原因不明のメカニズムでインスリンが分泌されなくなることで生じます。免疫異常がおこるしくみの一部に遺伝が関与していることがわかっています。

糖尿病 食事で治していきましょう。

高血圧食事の要領は知っておかないといけないのです。

腎症前期と呼ばれる第1期は、高血糖期間も短く、たんぱく尿も出ず、ろ過の効率もほとんど問題のない時期です。

自覚症状はありません。

第2期になると、尿検査で微量のたんぱく(アルブミン)が検出されるようになります。腎機能はまだ正常です。自覚症状もありません。

この時期に食事療法、運動療法、血圧対策などで血糖コントロールがよくなるとアルブミン尿も消え、腎症の心配もなくなります(可逆期)。

第3期は顕性腎症と呼ばれる時期で、前期と後期に分かれます。不可逆期とも呼ばれ、回復がむずかしくなります。


高血圧を治す食事で注目の成分


高血圧を治す食事で注目の成分は、ミネラルのクロムです。

クロムは、70年代になって糖尿病予防に重要な働きをもつ成分として、アメリカで注目されるようになりました。その働きとは血糖値を安定させることにあります。

食後には、小腸からブドウ糖が吸収されますから、血糖値が上がります。血糖(血液中のブドウ糖)は、全身の細胞に運ばれ、そこでエネルギーとして代謝されるのですが、クロムがないと、細胞に入ることができず、血糖値は上がりっぱなしになるというわけです。

その後の研究で、クロムの欠乏は、心筋梗塞や虚血性心疾患を招くことも明らかになり、必須ミネラルに躍り出ました。

高血圧を治す食事

私たちの体に必要な成分がたっぷり含まれたノリは、毎日の食事にぜひ、とり入れてほしいもの。具体的な量としては、1日2枚分程度とるのが理想的です。

とはいえ、2枚のノリをそのまま食べるのはたいへん。そこでおすすめなのが「モミノリドロドロ汁」です。

お湯にモミノリを溶かしてスープ状にすれば、量がとれるだけでなく、のどにはりつくのがいやだという人でも食べられます。

一日1回いつでも飲んでいいのですが、2杯飲んでも害はありません。便秘解消を期待するなら、夕食時に飲むといいでしょう。